債務整理 デメリット

債務整理は自己破産だけじゃない

債務整理で悩んでいる女性

債務整理したくても
ずっとためらっていました。

 

思い切って早くしていれば
もっと簡単に済んだのに。

 

 

 

借金を返すために、また別なところから借りて返すという繰り返しが長いあいだ続いていました。
いよいよもう限界だな、これ以上は無理、と思いはじめたのが半年前です。

 

これは自己破産しなければならないんだなぁ・・・とあきらめて、弁護士さんに相談しようと決心するまでには、ずいぶんと年月が経っていました。

 

今思えばもっと早く思い切って相談するべきだった・・・・・・
そうしたらもっともっとデメリットを最小にして、借金のことを解決できたのに、と思います。
ずいぶんと長い年月、大切な時間をムダに過ごしてしてしまいました。

 

私の体験から、わずかでも同じような悩みを抱えている皆さんのお役にたてれば、と思ってこのサイトを立ち上げました。
ここでの私の経験が何かの参考になればうれしいです。

 

 

 

私はもう自己破産しなければいけない、という思い込みで相談しに行きました。
自己破産すると借金がチャラになるわけですから、そのかわりにとんでもなく重いペナルティーが課せられたり、大きなやデメリットがあるに違いない。
そうするともう人生が終わってしまうようなイメージがあって、何もかも取られてしまうと思い込んでいたのです。

 

家や車は処分し、生命保険も解約して、売却した代金や払戻金をせめてもの返済に充てることが必要だと聞いたことがあったからです。しかし、実際に弁護士さんに話を聞いてもらうと、自己破産せずに債務整理することができる、とのこと。

 

債務整理とは必ず自己破産しなければいけないわけじゃなくて、いくつかの選択肢があり、まったく返せるあてがないときの、いわば最後の手段が自己破産なのです。

 

わたしの場合は、個人再生という方法で借金を整理して、さらに、最近良く耳にする「過払い金」も取り戻し、残債をかなり圧縮することができました。

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらです。もちろん相談だけでOK。住所も記入の必要ありません。

 

債務整理といってもいろいろ

債務整理とひとくちに言っても、その方法は何種類もあるということをご存じでしたか?
わたしは思い込みで「債務整理イコール自己破産」だと理解していましたが、実はそうではなかったんです。

 

 

過払い金請求……完済した分も含め違法に請求された利息を取り戻せます。

 

メリット

デメリット

  • 取り戻せた過払い金のを弁護士などの費用にすることができます。
  • 貸金業者にたいして過払い金返還請求をしたとしても、ブラックリストに名前がのることはありません。
  • 残りの借金を減額することができたり、全くゼロにったうえに、さらにお金が手元に入ることもあります。

  • ブラックリストにのりませんが、過払い金を請求した貸金業者からは今後、借りられない場合があります。

 

任意整理……貸金業者と交渉し、利息などをカットし負担を軽くします。

 

メリット

デメリット

  • 業者と直接話し合いをするため周りの人に知られることはありません。
  • 弁護士が任意整理を受任した通知をすると直接あなたに請求することはできなくなりますから、取り立て、督促はストップできます。
  • 車のローンが残っている場合、それだけは整理せずに、車を手放さずにローンの返済を続けていくことができます。

  • ブラックリストに向こう5年間くらいは名前が残るので、その間ローンやクレジットは使うことができません。
  • あくまでこちら側と各貸金業者の話し合いになるので、自分の期待通りに和解できないこともあります。

 

民事再生……住宅ローンを返しながら、家を手放さずにそのほかの借金を整理できます。

 

メリット

デメリット

  • 任意整理よりも借金が大幅に減額できる可能性(元本が最大で10分の1まで減額)があります。
  • マイホームを手放さずに住宅ローン以外の借金を整理することができる。
  • 弁護士が民事再生を受任した通知をすると直接あなたに請求することはできなくなりますから、取り立て、督促はストップできます。

  • ブラックリストにこの先7年間くらいは名前が残るので、その間ローンやクレジットを使うことはできません。
  • 職業上の資格制限があり、免責までの期間、会社役員などに就くことができなくなります。
  • 国が発行する官報に名前が掲載、公表されますが、一般の人の目に触れることはほぼありません。

 

自己破産……借金をゼロにできますが、財産は処分されます。

 

メリット

デメリット

  • 税金などを除き、全ての借金がなくなります。
  • 弁護士が自己破産を受任した通知をすると直接あなたに請求することはできなくなりますから、取り立て、督促はストップできます。

  • ブラックリストにこの先10年間くらいは名前が残るので、その間クレジットや各種ローンは使うことができなくなります。
  • 金融資産、自宅など不動産があれば処分して、返済の一部に充てることになります。
  • 職業上の資格制限があり、免責までの期間、会社役員などに就くことができなくなります。
  • 国が発行する官報に名前が掲載、公表されますが、一般の人の目に触れることはほぼありません。

相談するとき大切なポイント

以上の中から、借金の金額、返済してきた金額と期間、この先の確実な収入などの条件により、最適な方法を選ぶことになります。

 

 

 

債務整理に踏み切る前の私は、毎日が追い詰められている気持ちで、何も手に付かない、どこにも安らぎがない状況でした。

 

精神的には、今思うと本当にぎりぎりの状態で、ほとんど、うつ病に近い状態であり、家族ともお金のことをめぐって、諍いの絶えない毎日だったのです。

 

 

もしあなたがこのような状況になっているとしたら、もうためらう必要はありません。
なるべく早く債務整理の専門家に助けを求めるべきだと、強くおすすめしたいと思います。

 

 

実際に専門家に相談する時に、ひとつ心がけるポイントとしては、借金問題の得意な弁護士、司法書士を見つけることです。

 

弁護士とひとくちに言っても、それぞれ得意な分野というものがあるからです。
借金問題、離婚、相続、交通事故、刑事事件、労働問題、医療過誤、消費者問題・・・

 

本当に多くの分野がありますから、お医者さんも診療科別に分かれているように、必然的に弁護士さんにも守備範囲ができてきます。
わたしもそういった予備知識もなくずいぶん回り道をしてしまいました。

 

まずシミュレーションしてみるのもあり

今の正直な気持ちは、思い切って債務整理してよかったという気持ちと、もっとはやく相談していればもっと楽にできたのに・・・という思いが入り混じった状態ですね。

 

ですから、デメリットを気にするよりも、病気にならないうちに、早く心も身体も楽にしてあげることが先決だと思います。

 

今まで借金の返済に最優先で回していたお金や時間を自分、そして家族のために使えるようになります。

 

 

自分や家族の毎日の生活と将来が明るく、希望の持てるものになります。
他の人にとっては普通のことですが、それがどんなに貴重なことか、あなたには実感できますよね。

 

 

すぐに法律事務所を探して、相談を申し込むことにはちょっと抵抗がある、ということでしたら無料でできる「借金解決診断シミュレーター」がおすすめです。

 

これは、自分に適した債務整理の方法や借金を整理してその後の返済額がいくらかなどを自分で調べることができるサービス。

 

24時間いつでも匿名で利用できるので気楽に試すことができるのがポイントです。
その結果を見てから、自分の借金を債務整理で解決できそう、と思ったら実際に面談で話してみるのが良いでしょう。

 

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらです。もちろん相談だけでOK。住所も記入の必要ありません。

 

 

 

 

債務整理の具体的な事例が紹介されたおすすめの動画 → こちら

更新履歴